くわみつの和み時間

kuwa2011.exblog.jp

來間屋生姜糖~~!創業300有余年の味!

d0239140_14224459.jpg
d0239140_14241596.jpg

土産にいただいた、島根の出雲市平田

のお土産・・・來間屋生姜糖!

來間屋で製造する生姜糖は厚さが厚く質が繊密で、

梅雨や秋霜にも決して湿ったり変質したりしないそう・・・・。

炭火で生姜の絞り汁と砂糖を溶かし、銅製の型に流し込む、

昔からの製法を今も変らず守りつづけているそうです・・・時代を経てもいいものは残るんですね!

袋に書いてある「甘い辛いも程よい故に」という言葉通り絶妙な風味が味わえます。

その香りの秘密は、使われている生姜が、地元で取れる出西生姜に負うところも大きいそうです。

一般的な生姜は繊維が多くて煮ても完全に溶けず、溶液が粘っていて

絞れないだけでなく、生姜特有の昧も匂いも減退するのに反して、

出西生姜は繊維が非常に小さくて完全に溶解する上に独特の甘みと芳香とを失わない

からだそうですョ!

d0239140_14225346.jpg


昔と変わらぬ製法、手作りで作れる分だけで機械は使わない(使えない!)

昔ながらの、箱、袋、栞の生姜のデザインも秀逸ですね。

日本茶だけではなく・・・紅茶などにもピッタリ!!!006.gif

SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-05-28 14:41 | 器と食の歳時記 | Comments(0)