くわみつの和み時間

kuwa2011.exblog.jp

カテゴリ:器と食の歳時記( 90 )

ほっこりと小正月は小豆粥

あっという間に今年も小正月を迎えましたね〜。

小正月の朝は小豆粥!


知り合いのお嬢さんが
「お正月にお雑煮じゃなくていいんじゃない?」って言われ
「あの子が結婚したら作らないわね」と笑われていました^o^


そんな時代なのね〜〜〜〜笑


でも、おばさんは日本の季節の行事は大切にしたい思うのです〜〜。


ほんのり甘い小豆が
心をほっこりしてくれます。

一年の無病息災と
邪気を祓ってくれますように001.gif


小豆って体にもとてもいい
食材から女性は体を温める為にも
いただきたいですね〜〜〜 💕

d0239140_07262184.jpg




by kuwamitsu2011 | 2016-01-16 07:05 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

牧田亮さんの丸土鍋~~かわいい!!

今日は、寒い~~~~~っ!

あったかいものが恋しいですね。

牧田亮さんのお鍋の出番です!

飴釉の蓋に豚が三匹

持ち手は牧田さん定番の木取り手です。

そのまま、食卓に出したら心もほっこり!心和みますよね。

豚は幸せを呼ぶ動物ですものね~~。


いろんな野菜と豆のスープ!
心もカラダもあったまる冬の我が家の定番です。

d0239140_15521341.jpg


d0239140_15533623.jpg

d0239140_15530120.jpg
d0239140_16144398.jpg


d0239140_15530120.jpg
d0239140_16370612.jpg
d0239140_16374359.jpg






■■■ご購入はこちらのショップから■■■
by kuwamitsu2011 | 2015-12-03 14:30 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

牧田亮さんの飴釉丸土鍋(豚三匹)にあったかポトフ~~!

春とは言え、まだまだ暖かいモノがいいですね!

体にもやさしいポトフはいかが?

牧田亮さんの飴釉の蓋に可愛い豚が三匹!!

そして、鍋の底は、丸くてかわいいカタチ・・・・。

木の取り手と黒と飴色のコントラストがステキなお鍋です。

■■■ご購入はこちらのショップから■■■

d0239140_14593083.jpg

d0239140_1513878.jpg

d0239140_1515075.jpg
d0239140_1515895.jpg
d0239140_15241.jpg



d0239140_1565221.jpg

by kuwamitsu2011 | 2015-02-24 15:07 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

照井壮さんのティーポットは、まぁるくて可愛いカタチ!

佐賀県・有田町にて一つ一つ丁寧にろくろを回し

独特な柔らかい風合いの磁器を生み出す

照井壮さんの粗磁土を用いた乳白色のティーポットです。

照井さんのポットは素朴でまぁるくて可愛い。

可愛いだけでなくポットは実用も大事ですね!

液だれしても嫌ですから・・・・。

もちろん!口も液だれしないように作ってありますよ・・・・。

持ち手は、ゆったりしており、持ちやすいカタチです。
d0239140_14273742.jpg
d0239140_14274410.jpg

d0239140_14281572.jpg
d0239140_14282517.jpg
d0239140_1428359.jpg

■■■ご購入はこちらのショップから■■■
by kuwamitsu2011 | 2015-01-30 14:38 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

照井壮さんのお醤油差しは、まんまるで可愛い~~。

d0239140_1495010.jpg
d0239140_1410721.jpg


丸くてとても可愛いカタチの醤油差しです。

蓋の部分の色が違うのもアクセントになっておしゃれ!!

見ているだけで楽しくなりますね!

■■■ご購入はこちらのショップから■■■
by kuwamitsu2011 | 2015-01-22 14:15 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

AMI(山中阿美子デザイン)のカトラリー

d0239140_1523760.jpg
d0239140_15231690.jpg
d0239140_15232345.jpg


AMIのカトラリーは、山中阿美子さんでざいんのシンプルで美しいCATLERYです。

私が某所で買い求め本当に使いやすかったので一目惚れ!

そんなわけで、お取り扱いが始まりました。

口に運ぶ部分が細長くデザインされ、使いやすさに定評があります。

大きさに合わせて大人から子どもまでお使いいただけます。

この八種類のカトラリーで、和・洋・中・と国際色豊かな日本の食生活や楽しいティータイムにお使いいただけるようデザインされたカトラリーです。

◇1998年グッドデザイン賞受賞

■■■ご購入はこちらのショップから■■■
d0239140_15302770.jpg

d0239140_1531221.jpg

d0239140_15313587.jpg


山中阿美子のプロフィール

YAMANAKA DESIGN OFFICE主宰

東京芸術大学美術学部工芸課卒業同大学院ID専攻修士課程修了
キッチンメーカーと委託契約、企画デザインに携わるその後、YAMANAKA DESIGN OFFICEを設立し、インテリア、プロダクトデザインの企画、開発を手がける

1961年天童木工家具コンペ入賞
1996年日本クラフト展入選
1998年グッドデザイン賞受賞、日本デザインコミッティー選定
1999年IDES奨励賞受賞
by kuwamitsu2011 | 2015-01-18 15:32 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

菅野一美   トルコ青輪花鉢は悠久の色

d0239140_15101145.jpg

d0239140_1510426.jpg

d0239140_1575223.jpg

d0239140_15134640.jpg

d0239140_158597.jpg
d0239140_1581416.jpg
d0239140_1582320.jpg

d0239140_15112846.jpg


菅野一美   トルコ青輪花鉢(7寸・5寸) ■■■ご購入はこちらのショップから■■■


悠久のシルクロー-ドを思わせるような味わい深い青銅色の器です。
トルコブルーと言っても菅野さんの色は、緑が混ざった深みのある色合いです。
緑とブルーが混ざり合った不思議な色には、何とも言えない魅力があります。
釉薬の濃淡や流れの味わいもお愉しみください。
菊の花を模したかわいいフォルムと相まってとってもおしゃれです。
この作品はタタラによる型打ち成形と付け高台によって作製されています。
by kuwamitsu2011 | 2015-01-18 15:19 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

十河隆史さんの白い角皿は便利なお皿NO1!

小サイズ
d0239140_14372193.jpg

中サイズ
d0239140_14423719.jpg

大サイズ
d0239140_14373334.jpg

大サイズ
d0239140_14375275.jpg


d0239140_14384716.jpg
d0239140_14392636.jpg

d0239140_14395287.jpg

■■■ご購入はこちらのショップから■■■
by kuwamitsu2011 | 2015-01-17 14:46 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

十河隆史さんの白いカップは万能選手!

d0239140_1428233.jpg

d0239140_1430161.jpg
d0239140_14284496.jpg
d0239140_142836100.jpg
d0239140_14283045.jpg

d0239140_14295486.jpg


十河隆史作 白釉小鉢  ¥1728(税込)

■■■ご購入はこちらのショップから■■■




マットな白釉の小鉢は便利なアイテムの一つです。

飲み物やお料理そしてデザートなど、どんなものでも似合います。

スっと立ち上がった形がおしゃれです。

お皿やプレートと組み合わせてもいいですね!
by kuwamitsu2011 | 2015-01-17 14:34 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

熊谷雅博さんのかいらぎたわみ皿は飽きのこない逸品です。

d0239140_11571627.jpg

d0239140_11582759.jpg

d0239140_1214929.jpg

d0239140_11599100.jpg
d0239140_11581654.jpg

d0239140_129591.jpg


熊谷雅博作 かいらぎたわみ皿 2376円(税込)

■■■ご購入はこちらのショップから■■■

直径17センチの取り皿としても重宝する器のご紹介です。

熊谷さんの特徴的なカイラギ釉が趣深いお皿です。

カイラギとは、うつわに施された釉薬が、縮れて島のようになる状態のことです。

独特なカイラギ釉の雰囲気と力強い作りにより、存在感抜群のうつわとなっています。

一番重宝するサイズのお皿ですし、使うほどにいい感じの味も出てきます。
by kuwamitsu2011 | 2015-01-15 12:21 | 器と食の歳時記 | Comments(0)