くわみつの和み時間

kuwa2011.exblog.jp

カテゴリ:器と食の歳時記( 90 )

照井壮さんの器に・・・ひえひえの梅ゼリー~~涼しさ倍増だ!

d0239140_21305168.jpg
d0239140_213115.jpg
d0239140_21312332.jpg
d0239140_21313332.jpg

   粗磁土デルフト皿 大 ¥4320  中 ¥3240  小 ¥2700

照井壮さんのリム付きのお皿に~~冷たい梅ゼリーをのせてみました!!!
おーっ!!!涼やか~~037.gif
とろろん!プルン!!がたまらない~~!

この器は、磁器なのですが、フォルムの柔らかくて・・・色がマットな白なので、
とても暖かく感じられます!

照井さんの作品は、韓国で修行されているということもあり、李朝の暖かくて品のある器の
よさと現代のモダンさを併せ持った器です。

使ってみるとわかるのですが・・・・・お料理がとってもよく栄えるんです!!
照井さんの器は・・・・使っていて・・・いつも・・・うふふってなるんです!飽きないんですよね!

器を選ぶとき、いつも思うのですが、どんどん使っていただけて、育てていただける器が
いいなって・・・・・。
よく使うんですよ~~のお声が聞けると、本当に嬉しい016.gif

今日、私のお気に入りの和食のお店の方が、このお皿をお求めくださいました!
どんなお料理が盛られるのか・・・・・楽しみ!

■■■ご購入はこちらのショップから■■■
by kuwamitsu2011 | 2012-06-27 21:50 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

來間屋生姜糖~~!創業300有余年の味!

d0239140_14224459.jpg
d0239140_14241596.jpg

土産にいただいた、島根の出雲市平田

のお土産・・・來間屋生姜糖!

來間屋で製造する生姜糖は厚さが厚く質が繊密で、

梅雨や秋霜にも決して湿ったり変質したりしないそう・・・・。

炭火で生姜の絞り汁と砂糖を溶かし、銅製の型に流し込む、

昔からの製法を今も変らず守りつづけているそうです・・・時代を経てもいいものは残るんですね!

袋に書いてある「甘い辛いも程よい故に」という言葉通り絶妙な風味が味わえます。

その香りの秘密は、使われている生姜が、地元で取れる出西生姜に負うところも大きいそうです。

一般的な生姜は繊維が多くて煮ても完全に溶けず、溶液が粘っていて

絞れないだけでなく、生姜特有の昧も匂いも減退するのに反して、

出西生姜は繊維が非常に小さくて完全に溶解する上に独特の甘みと芳香とを失わない

からだそうですョ!

d0239140_14225346.jpg


昔と変わらぬ製法、手作りで作れる分だけで機械は使わない(使えない!)

昔ながらの、箱、袋、栞の生姜のデザインも秀逸ですね。

日本茶だけではなく・・・紅茶などにもピッタリ!!!006.gif

SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-05-28 14:41 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

万華鏡作家の溝口好晴さんから静岡の深蒸し茶が届きました!

6月14日からくわみつで開催予定の和の万華鏡展・・・・

その作家《溝口好晴》さんから

新茶の深蒸し茶をいただきました!

溝口さんは、お茶どころの静岡の方なんです!

d0239140_19195478.jpg
d0239140_1920324.jpg


夏も近づく八十八夜~~~060.gif060.gif
野にも山にも若葉が茂る
「あれに見えるは
茶摘ぢやないか。
あかねだすきに菅の笠



八十八夜は、立春から数えて、八十八日目・・・・ですから

五月の初旬に摘み取られた茶葉ですよね!

八十八夜に摘んだ茶は上等で、栄養や香味、風味がよくてバランスがいいんです!

去年、たしか「ためしてガッテン」で掛川の深蒸し茶が話題になりましたよね~~!

深蒸し茶は、普通の煎茶より時間をかけて蒸されます。

深く蒸すことで粉っぽくなるのですが、細かい茶葉がお湯に溶け出し、

深い緑色と 苦味や渋味をおさえコクがあってまろやかな味わいになるんですよね!

その上、ビタミンやミネラルも豊富!!!!!言う事無し!

d0239140_19563644.jpg
d0239140_1956321.jpg

後ろの急須は、市川孝さんのものです!

使い込んで、いい色になってきました!だんだん自分のものになっていくって感じで

焼締のものは、これが樂しいんです~~!

市川さんの急須は、キレもよくて使いやすいので、個展ではいつもすぐに完売します・・・・。

コレ!絶品なんだなァ・・・・。使うとわかりますョ!

12月初旬に個展を開催しますので欲しい方は、早めにいらしてくださいね!
by kuwamitsu2011 | 2012-05-23 20:13 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

ケーニヒスクローネのダブルチョコケーキ!

d0239140_18355117.jpg

器はお気に入りの・・・・・照井照作   リム付き皿   ¥3150
柔らかい白にマットな質感!
本当にこのお皿は、デザートに良く合います!


友人からいただいた・・・・神戸のケーニスクローネのチョコケーキ!!

大きな栗が、どっさりと!  高級感あります!

独自の製法で煮込んだ栗とフレッシュバターが上品な味わいを漂わせる洋菓子ですョ!

福山には、お店がないので、残念!

洋菓子において神戸は、やっぱり!レベル高いね!


SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-05-04 16:33 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

石井和洋さんの器に春の蕗!

春ならではの旬の食べ物・・・・・。

外国の方が、日本は四季を大事にしている・・・・と言われていましたが、

味覚でも季節を感じたいものですね!

蕗をいただいたので、早速、お母さんの味!!煮物にしてみました!

新しい蕗は、クセも少なくて・・・・なかなか・・・・良いお味ですぅ・・・・006.gif

今、個展中の《石井和洋》さんの、煌彩の器に盛ってみました!

少し煌きのある白の器に、おとなしめの色合いの蕗が、とっても映えます!

d0239140_1804868.jpg
d0239140_1804674.jpg

石井和洋作    煌彩の器(ボウル)  ¥3500

この器は、磁器で作られていますので、焼きが固くて丈夫ですよ!

煮物はもちろん!サラダや、シチューを入れてもいいですね!

とっても重宝する器の一つだと思います006.gif

石井さんの個展は、今月いっぱい開催しておりますので、どうぞ、手にとって

ご覧ください(#^.^#)
by kuwamitsu2011 | 2012-04-25 18:11 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

春の山菜を食す!

d0239140_18111884.jpg


春風と共に一気に草木花が動き出しました・・・・・・。

普段、気に止めない道端にも、新しい葉が出て、とても初々しくて可愛いいものです。

筍・・・フキノトウ・・・ワラビ・・・つくし・・・・タラの芽・・・・・春の自然は

美味しいものがいっぱい!!!

そんな中・・・・普段は道端で雑草として抜かれてしまうヨモギも、春先の葉は、柔らかくて・・・いつも

美味しそう!!!と思ってしまいます006.gif(私だけ?)

だって!天ぷらや草餅・・・・いいですよねェ!

蓬の新芽やまだ、柔らかい蕗の葉・・・・・三つ葉を天ぷらと胡麻和えにしてみました!

この、三つ葉は、自生の三つ葉です!

d0239140_18182366.jpg

d0239140_18292279.jpg
d0239140_1829299.jpg


SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-04-21 08:10 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

林まさみつさん(えあま)の箸

大分県別府市の竹工芸作家けはれ竹工房の林まさみつさんから、お便りがきました!

日々のことや展示会のDMを送ってくださるのですが、1月にえあまの箸

新聞のコラムで取り上げられ、反響の大きさに驚いたというものでした。

えあまの箸は、林さんが食品添加物、農薬など化学物質による食の安全性が問われて久しい中、

食のまわりにも考えなければいけない事が多くあるように思い、食に最も近い道具である

箸を作られいらっしゃいます。

もちろん!!!からだと地球にやさしい竹箸!!自然塗料と漆の箸!!なんです。
d0239140_17173774.jpg


エコなイッ品というコーナーなのですが、

新聞のコラムをご紹介しますね。

「箸は毎日、口の中に入れるののだから、安全性が高く、安心して使えるものを」という
思いから、竹とえごま油で手作りされています。
作っているのは大分県別府市にある、けはれ竹工房の林まさみつさん。
林さんによると「今一般的に使われる塗り箸は、合成樹脂塗料のものが多い」とのこと。
そのため、植物を中心とした自然素材で、箸を作り始めたそうです。
「竹、植物塗料箸」は、素材に大分県産の竹を使用。
それに古くから食用としてきた、えごま油を三回塗っています。
竹は切っても2~5年でまた使えるようになります。
その他の箸もドイツ製の自然塗料や、中国や国産の木からとれた漆等を使っており
安心です。
初めて持った時、軽さに驚きました。
食べ物を口に運んでみると、今まで経験したことがなかった優しい口当たりで、
すぐにファンになりました。


くわみつでも、8月1日から11日まで、竹籠バッグや花籠と一緒に

えあまの箸も届きます!

是非!手に取ってご覧ください。
SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-04-10 17:26 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

塩麹作り!

塩麹の材料の米麹が・・・ないっ!!!!

いつも地味にス^パーの片隅にあった米麹が、今年はなんと、脚光を浴びております!

例年、こんなに困る事は無かったのに、テレビのお料理番組で、たくさん取り上げているため

スーパーは品薄状態が続いていて、がっかりしていたのですが、・・・・ありました!ありました~~!!

なんと、穴場とも言える我が家の近くで開かれる産直市場に!!!

やった~~071.gif

早速、仕込みましたぞ~~066.gif

やはり作ったほうが、お安いので、沢山使えますものね~~☆☆☆

500g仕込んだので、いろいろ使いたいと思っています!

おいしいレシピがあったら、教えてくださいね!

後は、発酵と熟成を待つのみ・・・・ほんと!出来上がるのが楽しみです053.gif
d0239140_187302.jpg
d0239140_1874190.jpg
d0239140_187534.jpg

by kuwamitsu2011 | 2012-03-10 18:14 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

塩麹+鮭+岡崎勉さんの黒角皿

d0239140_1452097.jpg


岡崎勉さんの黒釉長方皿です。


真っ黒の器は、何を盛っても映えますよね!

岡崎勉さんの器は、我が家にも沢山あります。

本当に我が家で毎日出番のある使う器は岡崎さんのものかなァ?

お値段も手頃だし、丈夫であまり重くないのがいいですね!

これは、鮭の塩麹漬けです~~。


ほんのりとした麹の甘さと塩加減が絶妙!!!

15分位漬けて・・・と書いてあるレシピもありますが、私は、しっかり味がついたほうがいいので、

一日以上は漬けます006.gif

塩麹もケチらずに少し多めにね!

お弁当にもgood060.gif

サケ(鮭)の栄養・効果は?というと・・・・・

ビタミンDが多く、カルシウムの 吸収を手助けします。

含まれるたんぱく質は、良質なもので、まとめて摂った方が有効な、ビタミンB郡も

全て含んでいるそうです。

また、ビタミンE(胃腸を温めたり、血行を良くする、肩こりを解消する)や、脳細胞を活性化

するDHAも多く含まれているので、疲れやすい人には、最適の食品なんですよ!

この季節・・・新しい酒粕で粕汁なんかもいいですね!003.gif

SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-03-08 14:34 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

今、話題の~~塩麹とトマト

d0239140_1963073.jpg
d0239140_1961973.jpg


今話題の塩麹トマトのサラダですよ!

塩麹(しおこうじ)は、麹と塩、水を混ぜて発酵・熟成させたものですが、最近では、レシピ本

なども出ていて、何かと話題の調味料ですよね!

麹には多くの酵素が含まれており、食材のでんぷんやたんぱく質を分解して、

糖やアミノ酸を生成するので、栄養素を吸収しやすいそうです。

やっぱり!発酵食品はすごいねェ!!!!

日常的に食べ続けることで、免疫力アップ、滋養強壮、美肌、老化防止が期待できるとのこと。

和風・洋風を問わず、いろんな料理に入れると、コクが出ておいしいですよ!

私もいろんなお料理に、挑戦して使っています。

これは、りこピン効果で話題のトマト!

トマトをスライスして塩麹をかけただけですが、甘辛い塩麹が、トマトの甘味を増してくれます。

d0239140_1919055.jpg

    菅野一美   飴釉ドット長皿   ¥2940
d0239140_1919938.jpg


SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2012-03-05 09:00 | 器と食の歳時記 | Comments(2)