くわみつの和み時間

kuwa2011.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

博多山笠吟行だ―!

俳句の仲間・・・木耶ラさんから連絡がありました!

来年のことを言うと、鬼が笑うかも知れませんが・・・・いえいえ、どうぞ笑ってくださいナ031.gif

来年の7月の博多祇園山笠に合わせて、博多で【句歌詩帖草藏】

の吟行をする事になったとのご連絡!!

宿の手配を早めにしないといけないので、早めに出欠が知りたいとの事でした。

行く行く053.gifって二つ返事をしましたよ~。

実は、人ごみが苦手な私は、自分から進んでお祭りに行くっていうことがなかったのですが、

いい機会!熱~いお祭りもいいなって・・・・・。

これ、初体験になります。

博多山笠の歴史は700年以上も前から・・・・・、櫛田神社に奉られている、素戔嗚尊(スサノオノミコト)

に対して、奉納される祇園祭の一つです。

クライマックスは追い山笠!追い山は約1トンの山笠と呼ばれる山車を空が白み始めたころから

太鼓の合図で櫛田神社前をスタート。

約5キロのコースを駆け抜けて、そのタイムを競うそうだ。

男衆が「オイサオイサ!」と勇ましいかけ声を上げながら博多の町を駆け抜ける・・・圧巻ですね。

来年が、草藏ができて、10周年とのこともあり、企画されたみたいです。

さすが、福岡出身の木耶ラさん!・・・・チョイスがいいですね ●*'v`*人).o0ЙICЁ♪060.gif

楽しみだなァワッショイヽ(´∀`)メ(´∀`)メ(´∀`)ノワッショイ
d0239140_14531064.gif

空蝉は夏の季語なんです~~今の季節はもう使えない・・・。

最近、蝉がおなかを上に死んでいるのをよく見かけるようになりました。

やっぱり、秋なんですね。人間より動植物は、自然に素直なのかも知れませんネ。

土曜日は句会・・・そろそろ作らないといけません・・・・楽しくて、苦しい・・これまたいいんですよ!!
by kuwamitsu2011 | 2011-08-31 14:48 | 俳句 | Comments(2)

本当に気持ちいいんですよね・・・この服!

開店準備中に・・・・昨日来てくださったお客様が・・・・再度、来店してくださいました。

そして、昨日たくさんお買い上げいただいたにも関らず、追加でお買い上げいただきました。

【本当にこの服、気持ちいいんですよね】というお言葉・・・・・うれしいですネ003.gif

星野さんの、物作りの心が・・・伝わって・・・何だかシアワセな瞬間でした。

本当に星野さんの洋服の色は、科学染料では出ない・・・微妙な色合いなんです。

自然界の色はどんな色も調和します。

化学染料が色の粒子が発色しているのに比べて、自然の色は自然界のいろんな

成分が混じり合って発色しているからです。

だから、自然の光が一番お似合い!

d0239140_19564925.jpg


写真の向かって右側の泥染めのチュニックにあわせてあるのは、シルクのスバッツです。

お客様からのご要望で作られたそうですが、肌にストレスがなく

本当に評判との事ですヨ[゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ]

d0239140_20131188.jpg

by kuwamitsu2011 | 2011-08-30 20:06 | くわみつ展示会情報 | Comments(0)

星野智恵子【自然染めシルクと木綿の服展】始まりました。

d0239140_207355.jpg


本日より、アトリエサラサ星野智恵子さんの【自然染めシルクと木綿の服展】が始まりました!!

星野さんは、福岡県筑紫郡那珂川町で自然染め工房アトリエサラサとして、染めからデザイン、縫製まで

ご自分でされています。

くわみつとのお付き合いは、2005年からになります・・・・いつも気さくで元気印の星野さん!!

いつも服作りに対する熱い思いで、パワーをいただきます。053.gif

星野さんの、服作りのこだわりをご紹介します。

 アトリエ サラサの服はシルク素材のものも含めて、すべて自宅で洗えます。

● 仕上げの樹脂のり(古布の友)も、別途製造販売していて、シルク(特に手織り)が

 永く美しいまま着て頂けます。(最後は土にもどるものですが。)

●デザインはあまり流行を入れず、いつでも楽しめるようにしているので、前の服と

 新作がコーディネイトしやすいです。

● うちで大ヒットのシルクのインナーセーターは、縫い糸まですべてシルクで

 敏感肌の方も安心して着て頂けます。

 おまけに、染料の植物は漢方薬にもなるものです。

 お風呂に入る時に、洗面器にお湯を汲んで押し洗い、洗濯機の脱水ですぐ乾きます。

 時々シャンプーしてあげて下さればOKです。

 衿はかなりハイネックになっているので、内側に折込んでお好きな衿を楽しんで下さい。

●時々芦屋町の草・雑木・花も使って染めています。

 染めた絞りかすは、畑でたい肥にして、土に戻しております。

 時々ギャラリー前のかまどに薪を燃やして染めます。(気持ちいいです)

 ギャラリーサラサのある芦屋町のとと市場は、お魚の頭とかを、放し飼いにしてい

 鶏の糞と藁でたい肥にしていて、そこへ持ってゆくと自動的にたい肥にしてもらえます。

 (ゴミが出ず気持ちいいです)

●ギャラリーサラサでは、できるだけ土にもどるもので手づくりのもの、

 オリジナルブランド『愛遊着』や手作り作家の作品などを紹介をしております。

●自然染料・素材の服を身に付けると、皆さん明るくなられます。

 人が自然の一部だと感じる一瞬です。

 その効果は首もとにちょろっと結ぶスカーフ、チョロ結びでも発揮されます。  星野智恵子


そんな、人にも地球にも優しい服!!どうぞご覧下さい!

肌の弱い方やアレルギーのある方にはもってこいの066.gif、ストレスのない優しい洋服です。
by kuwamitsu2011 | 2011-08-29 15:07 | くわみつ展示会情報 | Comments(0)

ゴーヤの佃煮でーす

d0239140_14561775.jpg

友人からゴーヤをいただきました!新鮮でプリプリ!!でっかいーよー!

近年、ゴーヤは沖縄の代表的な食べ物として注目され、暑い季節の活力源として知られてますよね。

独特の苦味があるのですが、健康志向の現代では、ガンや糖尿病、心臓疾患などの

生活習慣病予防効果もある他、なななんと!!1本につきレモン約2個分、ほうれん草の

約2倍に相当する豊富なビタミンCが含まれているんですよ。

いろんなレシピも紹介され、みなさん好んでいただくようになりましたね。

しかも本来、ビタミンCは熱に弱いものですが、ゴーヤーに含まれるビタミンCだけは、

加熱しても壊れ難い特徴があるんですよ(スゴイΣd(ゝ∀・)イイッ!!)

そして、動物性食品と組み合わせると、坑酸化力がアップ066.gif

だから、ゴーヤチャンプルーは、暑い沖縄の方たちの活力原になるんですネ!

今年は、エコ対策として、ゴーヤの緑のカーテンも注目されましたね!

体感や見た目も涼しく・・・栄養価もスゴイ・・・奥の深い食べ物ですネ053.gif

いただいたゴーヤで、佃煮を作ってみました・・・・。

材料はゴーヤと鰹節とゴマ・・・・あと、調味料を適当!

ゴーヤの苦味の好きでない方にも大丈夫です。保存食にもいいですね!

器は、菅野一美さんの織部とんすい型小鉢(¥2990)です。

織部は、地味なお色の惣菜を引き立ててくれますね。

白いドットが、モダンです。

d0239140_14563192.jpg

by kuwamitsu2011 | 2011-08-27 15:41 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

宮島水族館に行きました~☆☆☆

先週の土曜日に8月1日にリニューアルオープンしたばかりの宮島水族館に行きました001.gif

リニューアルしたばかりと夏休みの休日ということもあり、さぞかし混雑の予想!

なので・・・水族館オープンの8時半を目標に出発!!

さすがに混むという事はなくスムーズに到着!!

鹿も・・・まだお休みタイム(★´-ω-).。oOO グゥグゥ

d0239140_18195878.jpg

館内もゆったりと見学でき、良かったですよ!

でも、帰りの時間には、もういっぱいの人人人人・・・・・・020.gif

ゆっくり見学したい方は、早起きして(早起きは三文の得だァァァ)行かれる事・・・おすすめ!!
d0239140_18274121.jpg

        写真を撮っているとエイが急にご登場003.gif 
        見てみてって言わんがばかりですよね・・・なかなかかわいいお顔だね010.gif
d0239140_18275594.jpg

        さすが広島!!牡蠣の展示です。
d0239140_18281434.jpg

        きれいな色ですね・・・・自然って美しい・・・いつまでも大切に残したいものです
d0239140_18285165.jpg

        天然記念物のカブトガニ!2億年前から進化もせず、絶滅もしなかったなんて・・・・スゴイ072.gif
d0239140_1830472.jpg

       さすがに世界遺産・・・・・大勢の観光客の方が来られていました!
by kuwamitsu2011 | 2011-08-26 18:58 | 日々のこと | Comments(0)

プチカフェします!

9月22日から10月3日まで【おうちdeカフェ展】を開催します。

ご報告!9月25日の日曜日・・・・・会場で作家の器を使ってプチカフェをします。

今回の展示会は、身近な感じで作家の温かい器を実際に使っていただこうという

もので、一日だけのイベントですが、どうぞお越しくださいませ003.gif

ご協力は福山市花園町にある【EYRIEYエリエ】のショコラティエ パティシエの「赤木さんに

お菓子とお茶を作っていただきます!

彼女はまだまだお若いのですが、フランスでチョコレートやお菓子を勉強して来られた

頑張りやさんのかわいい女性です。

もちろん彼女はチョコのお菓子がお得意!!今回はチョコを使った飲み物もあるかも??

只今、どんなお菓子と飲み物で楽しんでいただくか検討中でーす053.gif

お楽しみに~~~060.gif060.gif060.gif
d0239140_1215581.jpg

  評判のマカロンは、サンドしてあるチョコがとってもおいしい!!ワーイ♪ゝ(´A`★ゝ)(ノ☆´A`)ノワーイ♪
by kuwamitsu2011 | 2011-08-25 12:21 | くわみつ展示会情報 | Comments(2)

おうちdeカフェ展・・・お楽しみに!

d0239140_1832052.jpg


少し、秋らしくなているかな?という9月22日から10月3日まで、【おうちdeカフェ展】を開催致します。

家庭で大切な人と楽しむお茶時間!!をテーマに8人の作家の方にご参加いただきます。

私もとっても楽しみで、すこーし早めに作家の方をご紹介します。

【陶芸】

石黒いずみ   

静岡県で、おしゃれでかわいい磁器の器を作られます。

街並を銅版画のように自由に描いた器は、私のとってもお気に入りです。

石井和j洋    

地元福山市に工房を構えたばかりの方です。

本当に丁寧に作られています。

柔らかいフォルムは、彼の人柄を現しますよ。

これから是非、頑張っていただきたい作家のお一人です。

三浦雅人

備前焼の作家の方です。

伝統的な備前焼を、新しい感覚で使うって、新鮮で楽しいですね。

桑田智香子

福山のご出身で、現在愛知県瀬戸市で、作陶されています。

彼女の作る作品は、モダンでとてもステキです。

女性が・・ウフフってなるくらい、とってもかわいい!

浜坂尚子

藍染めの渡邉幸子さんのお友達で、常滑で作陶されています。

絵付けがとてもステキで、ご無理を言ってご参加いただきました。

くわみつでは、新しい作風だと思いますので、是非楽しみに。

器を使うだけで、とっても楽しい気分になること!まちがいなし!!

【ガラス】

藤本匠紀、藤本奈々

今年、福山に工房SORAを構えたばかりの、ガラス作家のご夫妻です。

これからがとても楽しみな初々しいお二人です。

きっと、若いお二人ならではの作品がお目見えすると思います。

山口恵

工房かくれんぼのご主人です。

温かい木工作品・・・・・器とのコラボレーション!楽しみです。

そろそろ、DMの準備しなくっちゃ!!ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎヾ((;´・ω・)ノぁゎゎ 


            

            
by kuwamitsu2011 | 2011-08-23 18:12 | くわみつ展示会情報 | Comments(0)

スイカ・・・美味しいね!

d0239140_18352495.jpg

やっとスイカのお値段が、例年くらいになりましたね!!

お盆前は、一つ3000円なり!!ビックリですよね!

今際の際には何が欲しい?って聞かれたら、迷わず【スイカ】って

答えるほどスイカ好きの私には、辛~い夏でした。・゚・(*ノД`*)・゚・。

野菜や果物・・・・季節がずれたり、天災にあったり生育が悪かったりで、

今まで普通だった事がそうではなくなってきていますね。

スイカどころじゃないですよね。

まだまだこんな事言ってるうちはシアワセですネ!(感謝!)

ソマリアの大干ばつは、過去60年で最悪のものだとか・・・・。

50万人もの子どもたちが栄養失調が原因で死亡する危機にさらされている状況も

辛いものです。

国単位ではなく、地球単位で、考え乗り越えなくてはいけないことが山積みですね。
by kuwamitsu2011 | 2011-08-19 18:57 | 日々のこと | Comments(0)

唐招提寺の白い蓮

薬師寺のお隣りの唐招提寺にも参拝しました。

唐招提寺といえば、くわみつにもご縁のある硝子作家の迫田岳臣さんが、

聖武天皇の招きに応じ、苦難の末、来日した唐僧鑑真和上が

唐から伝えたとされる仏舎利を納めるガラス壺である

国宝の白瑠璃舎利壺(はくるりしゃりこ)を復元製作されているんです。

復元の肯定をビデオで見せていただきましたが、相当の数の制作した中のたった一つです!

そのくらい古い硝子の復元には、微妙な難しさがあるそうです。

そういうご縁もあり、一度行きたいと思っていたお寺です。

ラッキーなことに、白い蓮が満開で・・・・・・それはそれは美しかったです。

d0239140_18184968.jpg

d0239140_18193750.jpg
d0239140_18195067.jpg

花言葉は、「雄弁」「休養」「沈着」「神聖」「清らかな心」「離れゆく愛」・・・・・。

引き込まれるような上品な美しさです。

古名「はちす」とも言うのですが、花托の形状を蜂の巣に見立てて呼ばれたようです。

蓮といえば、仏教にも円の深いお花ですが、泥から生え気高く咲く花や

まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず

清らかに生きることの象徴のようにとらえられたようですね。

ほんとに見れば見るほど吸い込まれるような美しさです。

地下茎は蓮根なんて、想像つかないですよね!

私は以前、古代蓮を島根県斐川町神庭の荒神谷史跡公園でみた事があります。

なんでも、植物学者の故大賀一郎博士が、千葉県内の遺跡で2千年前の地層から

出土した種を発芽させ、増やしたものということです。

2000年前に咲いていた蓮ですよ~~悠久のロマンを感じますねぇ006.gif
by kuwamitsu2011 | 2011-08-18 19:07 | 神社・仏閣 | Comments(0)

奈良の薬師寺へ行ってきました

いつも我が家は、急に出かけることが決まるパターンで・・・・今回も例外ではなく・・・・。

15日に奈良の薬師寺にお写経を納めに出かけよう!という事になり

お盆の帰省ラッシュに会わないようにと、主と二人で朝4時にいざ出発!!

d0239140_19381292.jpg

         
なんで、お写経を?

薬師寺は680年に天武天皇の発願によって建立されましたが、戦国時代にその伽藍の

ほとんどを焼失し、長い間東塔と仮の金堂などしかありませんでした。

仏教を学ぶ学問寺である薬師寺、東大寺、興福寺の奈良のお寺は、葬式をせず

檀家がいないため復興の資金が無かったのです。

しかし昭和、平成になって薬師寺は人々に写経を勧め、宗教に関係なく

その納経料に復興の財源を求め、創建当時のままの白鳳伽藍をよみがえらせたのです。(すごい!!)

現在、お写経納経供養料によって金堂、西塔、大講堂、中門、回廊の一部や僧坊が既に復興し、

玄奘三蔵院伽藍が建立されているんですよ。

去年伺った時には、東塔をみる事が出来ましたが、今は10年間の解体修理に入っています。

d0239140_19384875.jpg

      上の写真は東塔です!10年の眠りの後は、どんな姿になるのでしょうね!

一字一字心を込めて書く・・・・一人一人のの心が集まってからこそ成し得ることですものね。

お写経道場で行うのですが、大勢の方がいらしており、小学生の子どもたちも

ご家族の方とされていました。

次ぎの時代に、日本の心を伝えるっていいことですよね!

それにしても、お写経によって伽藍復興をするという、前代未聞の偉業を考えられた

高田好胤管主は、すごいですね006.gif

金堂の薬師三尊像はすばらしいですよ053.gif053.gif053.gif

銅で作られているそうですが、銅という字は、金と同じと書きますよね!

その位貴重なものだったそうですよ!!

集中して、馴れない筆で書くのは難しいですが、何度かしていると邪心が無くなるのかなァ?

夫も、若いとき友人と2回来た事があるみたいで、懐かしそうでしたよ!

それから丁度、今の管主の山田法胤(やまだほういん)さんのご法話があり、

聞かせていただく事が出来ました。

暑い一日でしたが、心がすっきりすっきり!!です!
by kuwamitsu2011 | 2011-08-17 20:30 | 神社・仏閣 | Comments(0)