ギャラリーくわみつの日々あれこれ 広島県福山市大黒町1-1

by kuwamitsu2011

カテゴリ:器と食の歳時記( 97 )

ゴーヤの佃煮でーす

d0239140_14561775.jpg

友人からゴーヤをいただきました!新鮮でプリプリ!!でっかいーよー!

近年、ゴーヤは沖縄の代表的な食べ物として注目され、暑い季節の活力源として知られてますよね。

独特の苦味があるのですが、健康志向の現代では、ガンや糖尿病、心臓疾患などの

生活習慣病予防効果もある他、なななんと!!1本につきレモン約2個分、ほうれん草の

約2倍に相当する豊富なビタミンCが含まれているんですよ。

いろんなレシピも紹介され、みなさん好んでいただくようになりましたね。

しかも本来、ビタミンCは熱に弱いものですが、ゴーヤーに含まれるビタミンCだけは、

加熱しても壊れ難い特徴があるんですよ(スゴイΣd(ゝ∀・)イイッ!!)

そして、動物性食品と組み合わせると、坑酸化力がアップ066.gif

だから、ゴーヤチャンプルーは、暑い沖縄の方たちの活力原になるんですネ!

今年は、エコ対策として、ゴーヤの緑のカーテンも注目されましたね!

体感や見た目も涼しく・・・栄養価もスゴイ・・・奥の深い食べ物ですネ053.gif

いただいたゴーヤで、佃煮を作ってみました・・・・。

材料はゴーヤと鰹節とゴマ・・・・あと、調味料を適当!

ゴーヤの苦味の好きでない方にも大丈夫です。保存食にもいいですね!

器は、菅野一美さんの織部とんすい型小鉢(¥2990)です。

織部は、地味なお色の惣菜を引き立ててくれますね。

白いドットが、モダンです。

d0239140_14563192.jpg

by kuwamitsu2011 | 2011-08-27 15:41 | 器と食の歳時記 | Comments(0)
d0239140_1753246.jpg

これ、何だか分かりますか~~?

実は、箸置きなんですよ012.gif

日本は、四季のある国。

特に季節ごとの風物詩を大事に考える民族ですよね。

いろいろ便利なものが増え、食べものの旬もわかりにくくなってしまい、

感覚的には薄れているかもしれませんが、まだまだ、日本人の心には

大切に残っています。そして、受け継いで欲しいとも思います。

今日から8月!!

夏の風物詩といえば、

入道雲   夕立  避暑  打ち水   団扇  扇子  扇風機   簾  風鈴 -

アサガオ   ヒマワリ   ヘチマ  アユ  セミ  カブトムシ トンボ  金魚

浴衣  花火   盆踊り   夜店  かき氷 スイカ  など
 いろいろありますよね。

そんな、小さなちいさな小物で、季節を楽しむっていいですね!

季節を感じる心は、大切にしたいでものです。

食卓にこんな遊び心があってもいいのでは?

気持ちも和んで 笑顔になること間違いなし!!(o´・∀・`o)ニコッ♪

d0239140_1717582.jpg

        ぷっくりとした、愛らしい顔が、ひょうきんでかわいい!ポニョポニョ!    ¥525

d0239140_172451.jpg

   うちわの形に金魚 蛍 あさがおの模様があり 夏気分を盛り上げてくれますよ! セット¥2625
by kuwamitsu2011 | 2011-08-01 16:13 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

ケフィアのロールケーキ

d0239140_20531698.jpg
d0239140_20541033.jpg


私は、ロールケーキが本当に好きなんです!!

素朴で、作りすぎていなくて053.gif・・・・・・・ついつい美味しいロールケーキを

探してお取り寄せしてまで買ってしまいます。

ロールケーキは、シンプルなだけに素材の良さでいきまりますよね003.gif

これは、シュークリーム専門店「ビアード・パパ」のケフィアを使ったロールケーキです。

クリームチーズとケフィアのコクと乳味たっぷりの生クリームを

もっちりしっとりの米粉とハチミツを使って焼き上げたふわふわなスポンジで

やさしく包んだケフィアチーズロールケーキです。

ふわふわのスポンジに生クリームがたっぷりと入っており、

甘すぎずおいしいですよ!

by kuwamitsu2011 | 2011-07-11 21:06 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

あんずジュース

d0239140_15471699.jpg

       小林亮二作  雫グラス ¥3150
d0239140_15473970.jpg

いただいた杏のジュースを小林亮二さんのグラスに入れてみました!

雨粒のような模様で、いっそう涼しさを029.gif感じますね

ご家庭で作られたので、まさしく混ぜ物がなくフレッシュ !!058.gif 003.gif

さっぱりとして美味しいですよ!069.gifカクテルにしてもいいかも?


杏といえば、福山市の田尻町という所は、杏の産地で有名です。

ピンクの可愛らしい花の咲く3月に【田尻あんずまつり】が行われています。


d0239140_1822174.jpg



杏はの栄養価は、β-カロチンやカリウムの含有量がトップクラス!!。

リンゴ酸やクエン酸も含まれます。

杏の果実の豊富に含まれるβ-カロチンは、体内でビタミンAとして作用し、

老化防止、アンチエイジングの効果があります。

抗酸化作用により脳卒中や心筋梗塞にも効果があるとされているんですよ。

カリウムは、高血圧予防や動脈硬化に効果が期待されます。

リンゴ酸やクエン酸は疲労回復に効果があり、血行をよくするので

冷え性にもよいそうです。

今年は、たくさん収穫できたみたいですよ!!

疲れた時には、いいですよね~~

by kuwamitsu2011 | 2011-07-10 15:48 | 器と食の歳時記 | Comments(2)

河童ときゅうり

夏野菜のシーズンですね。

友人から、新鮮なもぎたての胡瓜をいただきました。

私は、胡瓜が大好きなので、年中いただきますが、やはり旬の

胡瓜の美味しさは格別!!

夏は、大好きな胡瓜を美味しくいただける幸せなシーズンです003.gif

ところで、キュウリといえば【河童】ですよねぇ~~。

高知の南国市の伝統行事である「エンコウ祭り」ってご存知ですか?

エンコウとは、河童のことで、橋のたもとにショウブの葉を使って

高さ1メートルほどの小屋を建て、ちょうちんを飾り、そこに

沢山のキュウリやナス、 お神酒などを供え、子どもたちが川で水難に

遭わないようにと、泳ぎが得意で 子どもに悪さをすることもあるという

エンコウ(河童)にお願いするという訳です。

江戸時代から続いているみたいですよ。

近場では、岡山県津山市に「ごんご祭り」というのがありますし

全国いろいろかっぱのお祭りがあるのでしょうね。

河童は、いろんな時代を経てもなお、私達の側にいる気がする

身近な妖怪ですね006.gif


いただいたキュウリで、浅漬けを作りました!!

やっぱり!取立てのきゅうりはオイシイ003.gif

小林亮二さんの角皿に盛ったら・・・・なーんてステキ!!053.gif



d0239140_2272258.jpg



小林亮二 透明変形角皿 (¥2940)   約15cm×15cm

SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2011-07-08 22:19 | 器と食の歳時記 | Comments(0)

トマトの丸ごとサラダ

昨日買った、完熟トマトを、丸ごとサラダにしてみました!

湯剥きをして冷やしたトマトに、ゴマポン酢をかけただけの、お手軽メニューですが、

洋風サラダと趣が違って、和風テイストのサラダになりました006.gif

ポイントは、上にのせた、青シソが、利いてると思います☆

美味しかったですよ~~お試しあれ!!053.gif

小林さんの瑠璃色のお皿に盛ってみました 060.gif060.gif




d0239140_11535067.jpg




瑠璃色皿  ¥4515

SHOPページがリニューアルしました。
Daikoku Gallery くわみつHPはこちらからどうぞ!

by kuwamitsu2011 | 2011-07-05 11:57 | 器と食の歳時記 | Comments(4)

和菓子で涼を~~!



小林亮二ガラス展・・・・二日目です!

小林さんの瑠璃色の角小皿に、ご近所の和菓子屋さんの葛餅を添えて見ました。

もみじは実家の庭から、チョイといただき・・・・です。

う~~ん026.gif  やっぱり、涼しくていいですネ!美味しそう003.gif

角皿は、吹きガラスで作るのは難しいと思いますが・・・きちんとしてなくておおらかなカタチが、またいいです。

お菓子だけでなく、マリネなんかもいいかも?

ブルーのお皿で食欲も倍増です。

今夜は、福山市の宮通りほこてん参道で、【ゆかた祭り2011】が、行われます。

毎年行われる、福の山神社の例大祭に合わせて、宮通りが、歩行者天国になるイベントです060.gif060.gif060.gif
こちらも、ゆかた姿で涼を満喫して下さい003.gif



d0239140_17192453.jpg



【 瑠璃色角小皿 1枚 ¥2730】
by kuwamitsu2011 | 2011-07-02 17:20 | 器と食の歳時記 | Comments(0)